« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

ちびり ちびり

アルコール、好きです。

20代の頃は底なしだった。いわゆるザル子。

どんなに飲んでも、酔っ払っても、チャンポンしても、帰りの信号が赤か青かわからないくらい

気分良くなってても、次の日はすっきり起きられた。二日酔い知らず。

友達と飲みに行っても、酔い始めるのが遅いので、薄めてないものから飲む。

なので女の子らしいカクテルをチミチミ飲んでいる友達のヨコでショートグラスでロックとか

マスで地酒とか・・・。色気もへったくれもございませんです。

しか~し、30代になってすぐにその2日酔いの辛さを初めて経験した私は

それ以降ぱったり日本酒を引退した。(特に冷酒ね。あれ恐い)

お酒が強いのは多分家系だと思う。遺伝だなきっと。

年長さん位の時、職人だったおじぃちゃんがウマそうにビールを毎日飲んでて

『なんだアヤ吉~。飲みたいか?』と聞くので

『うん』と恐る恐る言ってみたら(じぃちゃんは恐かった)あっさり飲ませてくれた。

おじぃちゃんはいつもそれから

『泡だけやぞ!』と言って『こらっ!あや吉!』と叱る母よしこを笑いながらも飲ませてくれた。

私にとってビールは大人の飲み物でそれを飲ませてくれたおじぃちゃんはまるで

『お前も大人の仲間やぞ』と言ってくれているようでうれしかった。

今では本当にたま~~~~~に父の缶ビールを1本盗むくらい。(買えよ)

炭酸がきつくてお腹がいっぱいになっちゃうので量はそれ以上は無理。

で、それまであまり好きではなかった焼酎を飲み始めた結果、良く行くバーで

これと出会う。

200603272124000 『かなた』

別に高くもない米焼酎。きつくもないです。

麦、芋、そば 紫蘇、くり、ゴマ、飲んだけどやっぱ米がウマイ気がする。

この『かなた』 私はずっと『たなか』だと思って飲んでて、途中気づいたけど、

なんか親しみを感じるので『たなかさん』と呼んでいる。

『たなかさんロック。チョイ水レモン』と注文してもフツ~にこれが出てくる。

そこに行かなくなってからは『たなかさん』を家でチビチビ飲むようになった。たまにね。

よしこまで『たなかさん飲まへんの?』とふつ~に聞く。

(そーいえば、『阿部サダヲ』さんを 阿部サラダ と思っていた私・・。だって似てるもん^^;)

読み間違いも家系と遺伝かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モコモコ

またまた今日のおやつ

200603261706000 『濃厚ミルクシュー』  (オーガニックなんとかかんとか)茨城←適当

カップからモコモコ~っとシューが出てます。

中は白いミルククリームがトロトロ。あっさりでうまい!

なんか、売り文句が『ネットお取り寄せ58週連続1位』とか『関西初上陸』とかデカデカと

書いてありました。わざわざ調べないから本当かどうかは知りません^^;

毎日何か1個は甘いもの食べてるな~・・・・。いいよね・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

団子

今日のおやつ。

200603251638000 これは、cup in mitara~shi    (愛媛 若松)

ん~ツヤツヤしたタレに引かれて買ってみたけど

やっぱみたらしは焦げ目が命だと気づいた。

串に刺さってて少し焦げ目が多いやつ。あれがうまいな~やっぱ。

そしてみたらし団子とブラックコーヒーは合わない事も発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってみての疑問

200603241126000 『白やぎさんのクリームパン』   かわいい~♪

そしてうまいっ!見た目は真っ白。ハイジに出てきそう☆

中のクリームがこれまたシュークリームに入ってるみたいなユルイトロトロ。

焼き足りなさ加減のネトネトした感のパンって好き。

で、食べてたら豆乳を克服してくれたダイエット博士が入ってきた。

『あ、アヤ吉さん!お疲れ様で~す』

『うい。おつかれ。豆乳飲んだよ。』

『え~~~~!!!まぢっすか??で?どうでした???』

『飲めたよ。ウマイとも思わないけど、まづくもない。無調整の方ね』

『げっ!うそっ!私でも調整豆乳しか無理なのに~!偉いです!!偉い!!』

(・・・・・。偉いなんて・・・こんなホメ言葉子供の頃以来かも♪)

『ところで、変な質問いい?気になる事があんの』

『な・・なんですか?なんでも私でよければ』

『あのね、豆乳飲んだらふと疑問が出てきてさ。そればっか考えちゃうんだけど~』

『はい』

『牛乳はさ、牛さんの乳よね。』

『そうです。牛ですね』

『母乳はさ、おかぁさんのオッパイから出る乳だよね。』

『まぁそうですね。人とは限らずおかぁさんのおっぱいです。』

『じゃ~、豆は、なんで豆乳って言うの?』

『は・・・・???』

『おかしくない??豆にはさ、おっぱいがないのにさ、なんで乳なのさ』

『え~~~~???さ~・・・私に聞かれてもわからないですけど・・

多分牛乳に似てるからじゃないでしょうかね』

『トマトを搾るとトマトジュース、ニンジンならキャロットジュース、なんで豆だけ乳なのかって

昨日から考えてるわけよ。』

『あや吉さん・・・・変ですよ・・・・』

『え~~~??なんで??だってあれはオカラの後の汁でしょ?ってことは豆汁じゃダメなの?

牛乳に似てるなら、(豆から出来た牛乳みたいなん)とか、(牛乳みたいな豆汁)とか、

それが正解だと思わん?なんで豆汁じゃないんだ』

『確かに・・・・。なんか変に納得してしまうような・・・そうでないような・・・

誰かに聞いておきますね』←もう違う話題に入りたくて適当。。。。

そりゃそーだ。

誰か謎を解ける人居ませんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってみる派

朝のブラックコーヒー、胃が弱い私には良くないということもあり、そろそろ体を労わる事を

考えてばかりの私。温めた牛乳にゴールドブレンドを多目に入れて飲んでいる。

(ミルクホイッパーはたま~に^^;)

で、その話を昨日休憩室でしたらダイエットに詳しい子が

『あや吉さ~ん、牛乳毎日飲むと痩せませんよ』と言う。

『あ~・・。動物性脂肪だからでしょ?でも、カルシュウムもあるし、ブラックよりはマシでしょね』

『豆乳に変れば良いじゃないですか~。絶対あや吉さんなら飲めますよ』

『うげ~!豆乳なんて絶対飲めない!無理無理無理!』

『だって~あや吉さんはスキムミルク飲めるんだから豆乳の方が飲みやすいのに』

『やだ』  『・・・・・』

この彼女、一時期お昼ご飯だといって、ぬるい野菜ジュースぬるい豆乳を混ぜて

ミックスジュースにして飲んでいた・・・。キモイ・・・。

豆乳・・・・考えただけでも気持ち悪い。子供の頃ヤクルトおばさんが新商品だからといってくれたバナナ味豆乳とコーヒー味豆乳。

サービスのつもりなんだろうが、私はあれのお陰で豆乳が大嫌いになった。

もともと豆がキライだった私は何ともいえないあの味でヤクルトおばさんまで嫌いになりかけた。

先日、母ヨシコが『スキムミルクはカルシュウムがあるから飲まないと』というので、

買い物ついでに買ってきてあげた。彼女は骨がカスカスなので飲むと良いらしい。

まずいと聞いていたけど、別にそんなまずいってこともない。赤ちゃんの時みんな

あーいうの飲んで大きくなったんだから飲めるはず。まぁ普通の味。

(豆乳かぁ~・・・もう何十年も飲んでない。あの少し黄色いドロドロした豆臭い飲み物

無理でしょ~・・・)

と家に帰る途中、気がついたら買っていた。

200603231516000 はは^^;しかもデカイ!!どーせ飲むなら気合いれないとな!

(さすがM!)

調整の方が飲みやすいと聞いたけど、無調整の方が体に良さそうなイメージだったのでこっちにした。

(間違いなくMだ。っていうか、結局買うなら『一度飲んでみるね。ウフ♪』とかぐらい言えよな!そういう所が可愛くない)

で、恐る恐るコーヒー入れて飲む!気合入れて飲む!

・・・・・別に普通~~・・・・。飲めるよ。豆臭くもないよ。水臭い牛乳だよ。

思い込みをまた1つ克服した。感謝感謝。

よ~し!これからは豆乳の時代だぁ~~~!頼むぜ!イソフラボン!(単純)

(あのミルクホイッパー君の立場は・・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妄想クセ

私は妄想や想像の世界が好きらしい。(いや・・あの・・別にエッチな話ではなくてです)

それはもう子供の頃からのクセで、少女漫画やドラマの中に自分が居る事を妄想して話を急展開させてみたり

そういうの好きだった。(こういうの私だけなのかしら・・・ちょっと不安になってきた・・)

もちろんドラなんか良いカモで、タイムマシーンで私ならいつに戻るか、それとも行くか、とか

スモールライトでは何を小さくしたいかとか、何処でもドアで何処に行くか とか。

それからは想像の世界で話しはどんどん膨らんでいく。

わざわざ口にしない言葉をここのプログに書き込むように、私はそういうのを人に言うわけでもなく自分ひとりで楽しんだ。(なんか・・暗~)

別に家にこもってそんな事ばっか考えてるだけではなく、母よしこが頭を抱えるほどやんちゃでドッチボールも大好きだったけど、

それとこれとは話が別で一日一回は想像の世界にいた。

キャンディキャンディになってみてアンソニーと恋をしてみたり、メルモちゃんになって

大人になったり子供になったり、そりゃ~もう忙しいったらありゃしなかった。

昔、欽ちゃんの『欽どこ』だか『欽ドン』だか忘れたけど、芸能人がテレビの前でご飯を食べる順番当てクイズみたいなのがやってて、

回答者はVTRを見る前に『ご飯→みそ汁→漬物→魚』などとその人の箸を運ぶ順番を予想するっていうのにハマッてしまった私は

番組をみた次の日の夜ご飯には必ず真ん中の兄の食べる順番を頭の中で考えていて

兄の食べる順番を真剣そのもので見つめたりして遊んだ。

ジロジロ見つめる私に『何やお前!気持ち悪いな!』と怒鳴る兄。

『ちょちょっちょっとまって!次はおひたし食べてよ!それからご飯食べた方がおいしいとおもうけど・・・』

『は~??なんでやねん。』

ちょっとテレビに目を放した隙に何を食べたかわからなくなって落ち込み、よし!明日はがんばるぞ!と意気込んだ。(は~何かほんとバカ(TT))

とにかく今でも想像や妄想は大好き。『食わず嫌い・・』を今見ても

(私のキライなニンジンを1品入れるとしても後の大好きなものは何にして、どうやってキライなニンジンを旨そうに食べるかだ・・)

などと腕組して考えたり、韓国ドラマの主人公になってみたり(やべー)

休憩時間やお風呂の時間、一人の時間は気づいたら考えてたりする。

なので私の例え話はおもしろいと良く言われるが自分にとっては日常の事なので

ウケを狙っている訳でもなく私にとっては普通の話。

『アヤ吉さん・・・。ボ~っとして・・何か考え事??真剣な顔してるけど・・・』

と言われる時は大抵そういうつまらない事を考えているのでご注意を^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がり屋

『がり屋』 私は自分のことをそう思う。

『がり屋』とは私が勝手につけたんだけど、なんでも『がる』と言う意味で、

寂しがり とか うれしがり とか 恐がり とかそんな感じ。

特に『がり屋』度NO。1は 『さみしがり屋』なんだ。実は。

『私は寂しがり屋の甘えん坊なんだよ』と言ったら、親友は驚かないが、職場など、

私生活まで共にしない人は、大抵が吉本新喜劇並みにスッテンコロリンずっこける。

『あのさ~・・。どこが??絶対一人でも生きていけるタイプでしょーが!っていうより、

何処ででも一人でだね』と 必ず言われる。(まだまだ私をわかってないようだ。甘いな)

確かに私は一人で居る事が好きなんだけど、それと同じくらい一人が寂しいと感じる。

矛盾しているけど、ホント。

なんでだろうな~と最近考える。

兄達とは10歳と8歳違いで生まれた待望の女の子の私。

きっとおじぃちゃんも、あばぁちゃんも、父も母も兄達も大喜びだ(たぶん)

『ずいぶん可愛がられたでしょうね~』などと良く言われ、まるで『甘やかされてヌクヌクと育ったんでしょーよ』

的な事も言われる。

幼稚園では寂しくて泣いて廊下をウロウロしてたらおばさんが応接室みたいな所に連れてってくれてチョコをくれた。

(これには味を占めて何度も通ったが、途中でおばさんが教頭先生だとわかってからはガマンした)

今なら笑い話だけど、ココだけの話、小学高学年まで指を吸って寝るクセが取れなかった。(きょえ~恥ずかしい)

小学校の頃には兄たちはもう20歳や18歳くらいになってて子供の私の気持ちをわかってくれる人は居なくなった。

だから叱られる時は家族全員から叱られ、夕飯時に泣きながらご飯を食べてると

『泣くか食うか!どっちかにしろ~~~!!』と父にまた叱られ、とりあえず食うほうを取った。(さすが)

うちには私のミカタは居ないんだなとその頃本気で思っていた。

母がうちで商売をしていた為学校から帰ると必ず居るはずなのに、時々仕入れで居ない時は

隣の布団屋のおばちゃんのウチにエンエン泣きながら

『おかぁちゃんが居ないよぉ~~!こわいよぉ~~!びぇ~~~~ん;;』

と鍵を置いて出かけてるのに家を開けもしないで飛び込んだ。

隣のおばちゃん家では宿題をする他遊ぶものはなかったがそれでも一人で家に居るよりはマシだった。

一人がすごく恐かった。私がバカだから母がこのまま私を見捨てて帰って来なかったらどうしようとか、事故にあったらどうしようとか

オバケがでたらどうしようとか、天国のおじぃちゃんおばぁちゃんごめんなさい!っとか

そんな事を考えてまた泣いておばちゃんを困らせた。

(まったくこの頃から妄想しすぎな迷惑なヤツだ)

小中とイジメタりイジメラリたり色々あったけど、そこは親にも言えずひたすら一人で耐えた。心配をかけたくなかったから。

(ここで少し強くなり、気ままな自分と向き合った)

だから高校はそりゃ~楽しい学生生活を送った。

高校を卒業して東京に一人行くことに自分で勝手に決めたにもかかわらず、本当は

上京何日か前から毎日夜な夜な布団の中で泣いた。

上京してからもホームシックで毎日泣いた。

一人暮らしも快適だったけど、突然寂しくなって友達の家に入り浸り何日も家に帰らなかったり。

ん~。そうだな、きっとここからだ。一人が好きになり始めたのは。

今までの家族の感傷や決まりからのがれ、好き放題知り合いの人の目も気にせず

伸び伸びと出来るかわりに、なんでも一人でやらなくちゃいけない状況。

一日何時間でも妄想に浸れる。(これ大事)

それと同時に家族のありがたみも痛感した。親の気持ちもちょっとわかってきた。

家族は永遠にいつでも自分のミカタで居てくれるんだとわかった。

友達の数も自慢できるくらい沢山できた。

人の優しさも、一人の楽しさもどっちもわかったのは恥ずかしながらこの頃。当時23歳。

一人は楽しい。一人で旅行もへっちゃらな私。というより、一人を楽しむ事を覚えたと言う方が正しい。

こうして私はどんどん強くなっていく。(やーね^^;)

でもやっぱり今でも電気のついた家のドアを開けて『おかえり~♪』と母よしこが毎日言ってくれる事が

すごくうれしくて安心したりする。

まだまだ親離れしてないマザコンなんだろうな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アクセス解析??

今日見てみたら、671??!これ私的には凄い数字なんですけど・・。どうなんだ?

ここでこんな数字なら他の方々の所はハンパじゃない数字なのかしら??

1日に18.5人・・。この0.5ってのが疑問・・・。

ふ~んそうか~。そんな来てくれてるなんてなんだかうれしい。

でもコメントを残してくれる人は2名・・・・。

(コメントしようにもあまりのバカさ加減に絶句なのだろうか・・・)

まぁいいか^^

| | コメント (11) | トラックバック (0)

結局

行って来た♪『ドラえもん2006 のび太の恐竜』

いや~本当は『ナルニア国物語』のはずが、

『私な~・・・。実はドラも観たいんだな~これが・・・』と言ってみたら

『ふ~ん。じゃードラにしよう』と即OKしてくれたのです。意外にも。なんでも言ってみるものだ。

そんで感想はというと、確かに話は現代風にアレンジされていたけど、確かにあの私が大好きだったピー助の話だった。

懐かしかったなぁ~~~。おもしろいな~ドラ。回りの子供達と一緒に大笑いだ。

ピー助の声優はあの名子役の子じゃないか!さすが『ピーィ』だけで感情を表すなんてただ者ではない。

それにしても、ドラえもんも変わったな~。時代を感じますね。

のび太の部屋にはTVゲームが置かれてあった。あんなもん昔はなかったぞ??

鼻からスパゲティー食えなんて酷いよジャイアン・・・・泣。

スネオにもジャイアンにも泣かされた。おばさんは号泣でした。

みんなで竹コプターで飛んでるだけで泣ける。

子供の頃から泣き虫だったけど、最近特に良く泣く。歳とったなぁ~~笑。

次に気になるのは『こぎつねヘレン』これまじヤバイ!ドラ始まる前に予告で号泣しました。

こんなの観たら次の日目パンパンに腫れて仕事に行けない。

200603151825000 これ記念にくれた!メチャうれしい♪この後にはピー助が隠れてて

引っ張ると歩くのだ!!イャッホ~イ!

200603151824000 なんてかわいいの(TT)

(しかし、やっぱりのぶ代じゃなくて残念だなぁ~~~のぶ代~!カンバッ~ク!)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

うひょひょ♪

ホワイトデーにもらった~!

200603140836000 も~凄い好み!大好き!!!

イチゴのタルトなんてわかってらっしゃるぅ~♪

(←しかも写真撮るの忘れて半分食べた残り半分。向こう半分はない)

実は私はタルト好き。

スポンジのケーキより断然タルト派だ。しかもタルト生地の硬~~~~いヤツが好み。

フォークで食べる時に切れなくて力入れすぎてお皿が『ガツン!』と鳴ってしまうくらいのヤツ。

カフェやケーキ屋に入ってタルトがない時のショックったらない。

そういう時は2番目に好きなチーズケーキにする。どんなにおいしそうなケーキがあっても

どーしてもチーズケーキにしてしまう。

それにしてもこれ旨かった~♪ここのケーキ屋のパティシエは私の友達なのだ。

最近クチコミですごい人気店になってきた。宣伝した甲斐があった。

それにしても、私の好みをわかってるな~アニキと甥っ子は♪(さぶっ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぴー助

やっぱりそうか~。

『ドラえもん のび太の恐竜王国』?だっけ???

あれ子供の頃持ってたドラえもんの単行本の中でも一番スキだったやつだ!

テレビの予告で観たけど、あれは間違いなく『ぴー助』じゃないかっ!!!

『ピ~』って泣くから。確か。かわいいんだよな~顔が。

生まれた時に初めに見たのが、のび太だったから、のび太をお母さんだと思うんだ。

あ~~~思い出してきた!ほんとスキだったあの話!

何回も何回も読み返しては号泣だったな~・・・。

観たいな~・・・・映画館で・・・。

でもあれはさすがに1人では行けないし・・・小学6年のメイッ子ももうドラは付き合ってくれそうにない・・・。

絶対~~~~~~に今観ても号泣だしなぁ~・・・。

ん~~~~~~!どうしよう・・・。どーすんのよアヤ吉!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ちょいワル

高校時代の同級生が職場に遊びに来た。彼は私の友達のダンナで、

高校の頃は親しく話したりしなかったが、今日は仕事帰りの用事のついでに来たらしい。

アホな話をして彼が帰った後、1回り下の新人スカ子が

『ちょっと先輩!今の人誰っすか???』とニヤニヤと聞いてきた。

面倒だから完結に冷ややかに『高校の同級』とだけ言った。

『へ~~!』←ニヤニヤ

(あ~・・・もう、面倒くさい・・いちいち干渉すんなよぉ~~~)と思い、

『あのね、彼は結婚して子供もいます。』

『なんや、そうっすか。なんかでも~おしゃれな人でしたね~。ほら、今流行の

イケてるオヤジですよ。あの不精ヒゲとか、ちょいワルおやじですよ』

(ふむふむ・・・。確かに彼高校時代から髪型には超こだわりを持っている人で、

トイレに入ったら鏡の前から離れないと有名だった。就職してからも他の人達は

回りのオヤジの影響を受けすぎてドンドンオヤジ化していったが彼は服装も

それなりにがんばってる・・・・)

ってちょっとまて・・・・

『あの・・・ちょっとお伺いしますけど~・・・。あんたから見て、今のはオヤジなの??

ちょい悪いオヤジ??』

『あ~~~・・・・。そうっすね。すみません』  (何故に謝る・・・・)

『あ!でも先輩は若く見えるから大丈夫っすよ!』 (うるせー!ハゲ!)

彼は同級生の中でも若く見える。それが12歳下からだと、ちょいワルなんだそうだ。

(ちょいワルおやじってのは、50歳位からの人じゃないのか??

私よりもまだまだ遥か年上の人だと思っていた・・・・)

あの何とかっていうちょいワル雑誌の編集長とやら、ちょいワルというよりちょいキモ。

なんか、何処がカッコイイのかさっぱりわからん。

もっと自然なちょいワルならステキなのにな~。ワルというより、ちょいヤンチャ

の方が良い。私はヤンチャなおっさんが好きだ。『ちょいヤン』(←なんか意味が違ってきちゃう)

そういえば昨日の美容室でシャンプーしてもらってる時に耳に入ってきた会話。

あの話し方だと20代前半だろう。1児のママらしいが、保育園のおかぁさんはみんな

その子と同じくらいの人が多く、お迎えの時間に30代のおかぁさんが来ると

『うわ~。すごいババァ~。』とみんなが思うそうだ・・・・。

それからドンドン話は止まらず、もう私は顔に掛けてあるタオルを振り払って髪がびしょ濡れで

落ち武者状態になってでも

そいつを睨み付けてやろうかとか、あんただって右向いて左向いたらすぐ30代に

なってんだよ!とかモンモンと考えて、でも冷静に考えてみると、

シャンプーが終わって起き上がり、タオルを巻かれてつり上がった目で『ギロリ』と

睨みつけた時に、その子と目が合ったとする。

それでまさしく(私はその遠足の時に歩くと体力がなくなるんじゃないかとアンタが心配してしまう何処かのママと

同じ30代ですよ!)と言っているのと同じじゃないかと思った。

でもここで『あ~気持ちよかったぁ~』←こんな事は絶対言わないが

という顔をしてれば私も20代に見えるんだろうか・・・とか

結局、こう見えて気が小さく、平和主義な私が起き上がった時にはもう精算を済ませて

カウンターに居る迷彩パンツのギャルの後姿をギロリと睨むだけだった。

モヤっとボールを背中に投げたかった。

ちょいモヤおばはん

| | コメント (3) | トラックバック (0)

(-_-)ウーム

髪の毛切りすぎた。

いつも『もうちょっとだけ短くして』と最後の方に注文をして失敗する。

結局今日もそれ。

まだ今日は良いけど、明日の朝、さらに後悔することは確実だ・・・。

ま~別にすぐ伸びるから良いけどね~☆

私はあまり髪型にこだわらない。これと言ってこだわりがない。

『軽くして、トップはあまり短くしないで、色は明るめ』

それだけ言う。後はお任せ。

これはサロンを変えても同じ。『後は?サイドの長さは?前髪は?カラーは何色で???』

と質問攻めされても面倒なので『まぁ適当で^^;お任せします』

という嫌~~~~な客です。

ニコニコして帰るけど、気に入らなかったらそこには二度と行かない。

切ってしまったら一生そのまま!とか言われたらもっと慎重になるんだけど、

再生可能なので、どーも適当になってしまう。これは昔から。

何においても、やり直しがきくというのはすばらしい事です。

(いや~・・・しかしホント似合わないこの髪型(TT))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロハス

『ロハス』この言葉定着してきましたね。

1年位前神戸の人に『今はもうセレブとは言わないのだ!これからはロハスの時代だ!!』

とオレ流に熱く語られた事を思い出す(新聞記事まで見せられたっけな・・・。)

『はぁ・・・そーなんですか~・・・自然派思考のスローフードねぇ~。それまさしく私の事ですね~!がっはっは!』

『おまえアホやろ・・』  そんな会話があった。

なぜみんなセレブとかロハスとか、そういうものになりたがるんだろう・・・。

それって極めてなければただの見栄だと思うんですけど・・・。

先日、マイホームを契約し、今色々内装やらを考え中の友人がこんな事を言っていた。

なんでも、新居の参考に、ココ何年かの間に同じ建築会社で建てた家を見せてくれるというのに行ってきたらしい。

仲介人 『今日見せていただく○○様はとても気さくな話しやすい方ですのでご安心ください。

とても広いおうちで、奥様は今のロハスなステキなお方です』←何故か関東弁で気取っている

友人はそこですでに、家より何より現実に『ロハス』と言われる人の暮らしぶりや、

『ロハス人』を初めて見れる事にある意味ワクワクしてその家にお邪魔したらしい。

仲介人 『ごめんくださいませ~』

そう言って玄関を開けたとたん、なんとも不自然な空気に友人は疑問を抱く。

ロハス奥様 『あら~!どうぞ。おあがりくださいませね~』←関西の田舎なのに東京弁

そして玄関から丸見えのリビングでは来客に気づかずPCに向かい険しい顔のご主人様。

もちろん、気づかないフリの演技以外の何物でもない。目が泳いでいる。チラ見。

ロハス奥様『いやだ~もう♪あなた!ほら、お客様がみえたんだから挨拶くらいしてくださいよ~♪』

関西ではダンナを『あなた』などと呼ぶ方がおかしい。

ロハス主人『あ~。すみませんね~。ちょっと夢中になってまして。どーぞどーぞ。遠慮なく見て行って

下さい。狭くて汚いところですが』←広くて綺麗 

キッチンはIHなのに、コンロの上に使えるはずもない綺麗な色の外国製の鍋がピカピカでおもむろに

置かれている。この鍋、絶対にIHでは使えない。(ま、オブジェとでも言いますかね。

ちょ~不自然。

そこへ、もの凄いタイミングで子供が帰ってくる。

ロハス奥様『あら~!おかえり~!ちゃんと手を洗うのよ~♪ここにおやつがあるから食べなさいね~』

なんだか子供はいつもと違う雰囲気にヘンテコな顔をしていたと言う。

もう、これは茶番というよりコントだ。

結局友人はあれこれこだわりの自慢話を聞き、サンプル本で見たはずの壁のクロスを

『これは別注で作ってもらったんですのよ』という、ウソにも苦笑いし、

参考になるものはこれといってなく、そのロハス奥様は仲介人からお礼の商品券を

GETしてニヤリ、という事で終わってしまった。

友人 『ね~アヤ吉~!ロハスって~意味わからん!』

(私も見てみたかったな~このコント♪)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夜景

ごぁ~~~~~!疲れたぁ~~~~!

今日は神戸出張でありました。ほんと疲れる・・・・。

いやまぁ厳しい状況ではありますが、ボーナスの為にがんばりますよ~!

と、言う訳で、今日早く終われば新しく出来た『神戸空港』をチラ見して『アヤ吉リポート』でも

いや、突然隣の晩御飯ならぬ、隣の神戸空港をしようと思ったのですが、

残念ながら無理だったので、今度遊びで出直そうと思います。

(しかし、ほんと、あの空港って必要なのか???)

なんでも、神戸空港でしか買えない。とか、神戸空港でしか食えない。とかが

たくさんあるというウワサを耳にしたからには行かないとね^^;

そして、夜の空港はとんでもなく綺麗なんだそうだ。

(見てみたいぃ~~~!まだ見ぬラマに乗った王子と・・・♪)

ですので、しょうがなく、いつもの湾岸線から見える神戸のイカリマークや夜景を

車から遠い目で見つつ帰ってきました。

運転してるから写真撮れないし~~~~~;;)

やっぱ夜景はなんというか、本当に綺麗で、悲しくなると言うか、切なくなるというか、

オセンチになっちゃいますね←死語

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おは公

何ヶ月かぶりの日曜日の休日♪しかも予定なし^^;

今週は出張もあるし、ゆっくりしよう~と思ったら外はポカポカ春日和

(ん~・・・良いのか?良いのか?もったいなくないのか!!)

と言うわけで、即効友達に電話して友達夫婦と川原へ『おは公』の散歩

(正しく言うと『おは公』に散歩させてもらった感じ)

『おは公』とはフレンチ・ブルドックの『おはぎ』 女の子 2歳(くらい)

     Cimg0185_1         

←こいつ

これは寝てるわけではなく、フリスビーで走りまわされ

(も~ダメ・・・ちょっと休憩させておくれ~)

と思ってるところだと思う。(ね・・・眠い・・)かもしれないし(やってられないわぁ~)

かもしれない。

この『おは公』はとっても人間くさい。友達の家に遊びに行くと相手してくれるまで

どんな手でも使う。そして完璧に私を見下している。むかつくヤツだ。

靴を脱いだとたん、私の靴をくわえて家に上がりこみ、手の届かない机の下に

潜り込んで(ほれ。取ってみそ)と笑っている。

相手をしないで放っておくと、今度は足の指をガシガシ、『痛い!』と言って手を出すと、

今度は手をガシガシ。『もぉ~~~!』と言って顔を見ないように完璧シカトすると、

今度は(こっち向いてよ!こっち!!)とワンワン。

友達とオモロ話に夢中になっていると、自分も仲間に入れろとばかりに、

私の後ろ脇の下から顔を突っ込んで(何?何?何の話??かまって!かまって!)

そしてかまってやると疲れを知らずに無心に遊び、そして暑くなってフローリングの

上に大の字になって寝る。

まるで今までの結婚して子供が出来て段々疎遠になっていった友達の家庭を

思い出す。やんちゃ盛りの子供がいると込み入った話が出来ない。

そんな感じ。

しかし、何ヶ月か前、コイツをつれて、ドッグカフェに行った時、そこのオーナーが

飼っている同じフレンチに襲われた。横っ腹をガブリと噛まれた。

その犬は人間の事は大好きなのに、犬は大嫌いと言う犬で、そこのオーナーも

困り果てていた矢先の事件だった。(いわゆる共食いですね 笑)

それ以来一緒に散歩したのは初めてだが、どうもトラウマになっているのか

前までは川原で人間の子供にニコニコ近づいて行ったり、でっかい犬にでも

平気で話しかけに行ったりしていたのに、今日はビクビク・・。

先日はヨークシャテリアに追い掛け回されたらしい。

そんで今日は違うドッグカフェに行った。日曜ということで、沢山ワンちゃんがご主人さまと遊びに来ていたが

始終ビクビク。好意でくれたビスケットやひな祭りサービスのスープも一口で終了。

借りてきたネコならぬ、借りてきた犬。

200603051714000 『あら~~~おとなしくておりこうさんね~~~』などと褒められてた。

(こいつぁ、アカデミー主演女優賞なみだな・・・・)

とってもいじらしい可愛い女の子の顔をこんな時だけするんだ・・・。

(私は犬が好き。もちろん飼いたいし、昔飼っていた。

でもやっぱり自分の世話で精一杯で、自分のことが一番可愛いと気づいたので犬は飼えない。

そして必ず来る別れは計り知れないくらい悲しい。)

帰り道車に乗り込み、そんな事を考えていた矢先、『おは公』のくしゃみで鼻水かヨダレか

何だか分らないものを顔に引っ掛けられた。『うぎゃ!』と言うと

(へっへ~~~~~んだ♪)とニヤリと笑ったように見えた。

こいつとは、腹黒同士いい友達になれそうな気がする。

200603051613000

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

たまりません

一日に1度は焼肉が食べたくなる瞬間がある私。

どっちかと言うと、肉より魚派。牛より鶏。

好きな肉ランキングですと鶏、豚、牛の順なのだが・・・・(変なランキングっ)

職場までは愛車のゴル男と行く私。駐車場から職場までは歩いて10分かからないくらい。

実はその途中の信号の所に大型焼肉チェーン店があるのだ。

朝の信号待ちは眠いやら、寒いやら、今日の仕事の段取りやら、そんな事を考えつつ

ボケ~~~っとして立っているが帰りがそうはいかない。

帰りは何せ晩飯時。焼肉屋から外に向けてケムケムと煙が上がる。

この匂い・・まじヤバイ・・・。

帰りのここの信号待ちはお腹がすいてなくてもお腹の中の腹アヤ吉が

(のぉ~~~~!肉食わせろ!肉だ!肉~~~~!!!!)

と絶対に叫び始める。グ~~~~ルグルグル・・←こんな感じ

しかもここの赤信号、嫌がらせのように長い。

(今ココで、白メシの入った茶碗と箸をわたされたら、匂いをおかずに3杯は食えるな・・・)

毎日そう思う。

その向かいには、鍋料理のチェーン店もあり、そっちからは和風の出汁の匂いも

漂ってくるが、やっぱり腹のアヤ吉は『ウシだ!ウシ!』と言う。

家の焼肉とは違い、あのタレに漬けた肉の焼ける匂いは本当にうまそうで困る。

そんでそこから急にハラペコになってまたゴル男と家に帰って

『今日は魚の水炊き』とか『今日は白菜の煮物』とか『湯豆腐』とかだと

ガックリで泣きそう・・・っていうかこれはもうストレスに近い。

そりゃ、水炊きも湯豆腐も大好きなんだけど、毎日それでも良いくらいなんだけど、

何故か泣きそうなくらい悲しくなる。(ごめんよ・・よしこ)

私は胃腸が弱い為、焼肉は結構食べた後辛い事も多いが、

そろそろ食べに行かないと本当に信号待ちでおにぎりを頬張りそうだ。

(やっぱ焼肉は誰かのオゴリがうまいんだな~~~♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりね

友達に教えてもらって、ずっと面倒だからやらなかった。

さっきヒマだからやってみたんだけど・・・・・

http://www.hanihoh.com/love/index.cgi?checkname=rei&mystat=435443244

みなさんもやってみてはどうでしょうか・・・

ちなみに私は『非常識』なんだってさ(けっ!  うえ~~~ん(TT))

改めて思い知らされたけど~・・まぁほら、遊びですよ遊び!しょせんテストですよ。

相手はロボットだし・・・

その時になってみなきゃ想像ではわかんないですよ・・・

(何一人で言ってるかわかりませんよね^^;)

ということで、みなさんもどーぞ。携帯用もあるみたいだけど、コピーできなかった。

ごめんね~きなこさん;;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

かっちょい~♪

(まったく疲れたぜぃ!)と仕事帰りにFMを聞きながら帰る。

なんでも81歳のジャズピアニストだと??(へ~すごいな・・・)

いや~曲はそこそこヨロシイ。しかしこのピアノ・・・・

(かっちょい~~~~~~♪)

恥ずかしながら今日まで私知りませんでした^^;

(イカしたじぃーちゃんだなぁ~~~)

ちなみにこのじぃーちゃんのお母さんもご健在で104歳だとか!すごい!

http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/bent_fabric/index2.html

ピアノの上に座るジィ様。なんとも渋いです。

小さい頃おもちゃのピアノを引きながら歌っているのを見て、うちのおばぁーちゃんが

『この子は才能があるかもしれん!』と思い、本物のピアノを買ってくれた

(ありがとぅよぉ~~~(TT)ばーちゃん!)

小学4年生の時にピアノが嫌いになって教室に通う途中にある公園で友達達と

ドッチボールをし、さも教室に行って来たように家に帰った。

月謝が溜まっていき(純情少女だった為使う事はしませんでした^^;)

ヒヤヒヤしていた頃、スーパーで母よしこと先生がバッタリ会ってしまったのが

不幸の始まりで、父に重~~~いゲンコツを1発喰らった。(目から火出ました)

今でもココにばーちゃんの形見のピアノがデーンと座ってる。

中学に入り部活を理由にやめたが、弾かなくて良くなると弾きたくなるもので、

たま~~~に簡単な楽譜を買ってポロリ~~ンポロリ~~~ン♪と弾く。

音も悪くなってきた。

人間なんでも極めた人が最後に笑う。

このピアノ。私の未来の子供に託そう! 笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »