« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

酔っぱっす!

うい~~~~~~っす!ただいま!酔っ払いのアヤ吉っす!

ん~、しかし楽しいお酒はウマイね~♪

最近飲酒飲酒ってうるさいので、仕事帰りに一度家に帰り、自転車に乗り換え

秋の風を楽しみながら飲みに行ってきました。

今時は自転車でも飲酒運転で捕まるんだってね!こりゃびっくりだ!

人の楽しみを奪うな!アホ!

久しぶりに何も考えず、帰り道の心配もせず、しかも明日は休みだってことで

楽しかったですよ。

ホッケもサンマも漬盛りもうまいね~~~。焼酎にあうよね~~~~♪

(写メなんて撮る事すら忘れました・・・。)

誕生日にアニにもらった黒糖焼酎にはまり、今日はロックでガンガンいってしまった。

で、今日の話の中で、

『私~アヤ吉さんみたいに、目力のアル濃い顔になりたいんですよぉ~~~』

という話があった。

確かにそのこは薄顔。しかし私から見れば色気のあるアジアンビューティーな

色っぽいつぶらな目、色白でツヤツヤな肌。

何が不満なんだ!という感じ。

なんでも

『眼の下のお肉がプクッとなってる人に憧れる』んだそうだ。

そこに肉がある人はエロイんだそうだ。

『なんじゃそりゃ・・・』

そんな事を考えながら帰ってたら溝に落ちそうになった^^;

やっぱ自転車でも飲酒運転っていうのはわかる気がした。

はい!今から皆さんカガミで良く見てください~♪

目の下の涙腺がプックリしてる人!エロ可愛いらしいです!^^

| | コメント (7)

女のプライドですかね?

今日は今度の結婚披露パーティーに御呼ばれする服を探しに行き、

結局何も買わずに帰ってきた私・・・。

前回の友達の結婚式の2次会用に黒のパンツスーツを買っていたので

それを着るつもりでいたんだけど、どーも私が着るとキャリアっぽいっていうの?

キツイ感じなんだな~・・・。怖そうっていうか・・・。

そっち系の人にハイヒールで踏んでくれ!とか言われそうな感じになっちまうのよ。

同僚に

『アヤ吉さ~今回はましてや昔好きだった人のパーティーなんだから

気合入れて行かんとダメっしょ!ワンピースでしょ!ワンピ着ていけ!

私がアヤ吉なら、確実に自分が一番可愛く見える物バッチリ決めて行くけどね』

と挑発された・・・。

『え~~~・・・・でも~新しく新調するお金ないも~~~ん。この先友達の結婚式

って言っても残りもうほとんどないし・・・』

『あんたワンピ何枚もあるでしょ~~~が~~~!!パンツスーツなんてヤメな!』

まぁ結局、彼女が言いたいのは、昔好きだった人に少しでも後悔させてやれ!

と言う事なのです・・・・・。

(するかね??しないでしょ・・・)

むしろ、私が何を着ていったとしても見ても居ないんじゃないかと思うのですが。

(第一、新婦は10歳年下。と言う事は、パーティーに呼ばれている新婦側の

友人知人達もその年齢に近い。その若さにどーやって勝つのよ^^;)

そうは思いつつ、一応持っているパーティー用のワンピに合わせる羽織物を

探しに行ってみた私。

今年っぽく、ラビットファーの半袖ボレロなんぞを鼻をムズムズさせながら

試着してみたり・・・。(毛が飛ぶのよ・・・安いのは特に^^;)

でも、あれも私が着ると、まるで今から山にイノシシ狩りに行く猟師のよう。

小さい可愛いバッグを持つより長い鉄砲を持つ方が断然私っぽいわけよ。

ど~~~~~~がんばったって、猟師見て後悔するわけね~~~じゃんかよぉ;;

だからってタルンタルンの二の腕をさらけ出して行くなら欠席した方がマシだし;;

ど~~~すんのよ!自分!!

(別に今も彼を好きなわけではないのにプライドってやーね)

| | コメント (5)

もう1発

200609262013000 ←開封後^^;って事で、またゴマ物。

今回はアイスです。コンビニで158円もした!

いわゆるクッキーサンドですが、クッキーがやわらか系の

ゴマ沢山で、バニラアイスを挟んでますが、アイスの中には

金ゴマの餡子が更に挟まっているという代物。

なかなかゴマゴマしてて好きな感じ♪

でもね~・・・・・あっま~~~~~~~~いの^^;

コーヒーと一緒に食べた。クッキーか、アイスか餡子、どれかだけでも

甘さを控えて欲しかったです。森永さん・・・・・。

ん~~~~残念!!!

| | コメント (6)

最近ネタがなく困っておりますアヤ吉です。

なんだか引きこもりぎみだからな~^^;読書の秋って事でリリーさんなどを読み

涙しております(TT)

私って霊感とかそういうのまったくないんですよ。多分。

もちろん見たこともない。←極度の怖がりなのでうれしい

でもね、なんていうか、勘っていうの?第六勘?

そういうのが子供の時から凄く当たるんだよね。

例えば、学校からの帰り道『今日あの苦手な親戚のオバちゃんが家に来てそう』

と思いながら帰ると居たり。居なくても来たり。

『あの道を通ると好きな子に会いそう』と思って夏の夕暮れに自転車でプラプラ

しに行くと前から彼も自転車で来たり←もちろん声は掛けない (バカ!)

な~んか良いことありそうとか、ソワソワするから家に居ようとか、

悪い事が起きそう~~~~とか?

そういうのってきっと誰でもあるよねぇ。

旅行に行ってホテルや旅館で『なんかこの部屋ヤダ』とか『あっちには行かない方が

いいな』とかそういうのもあるよね。

最近またそういう勘が的中するので自分でも驚いています。

特にあれよ~  ズバリ女の勘!^^

女の勘っていう意味を言葉で説明するのは難しいけど、ここに来てくれる女性陣

はわかるはず。

簡単な所から言えば『この男・・・な~~~んかあるな・・・』とか

『うさんくせ~なぁ~~~~、今のはウソだな』とか

後は『メールや電話が来る、来ない。』などなど・・・。

まぁ確かに、歳とともに疑い深くなっている自分。人を見る目を養ったのか?

これは人生経験にも比例するところもあるんだと思うけど、長年生きていれば

どんどんこの勘は冴えてくるもんなのかしら?的中なんだもん。

しばらくは自分の勘に素直に行動してみようと思っているアヤ吉でした。

人の意見に左右されずに勘を信じて自分に素直にね~♪

| | コメント (5)

またもやゴマ

先日ミホッチ☆さんところのブログにあったかぼちゃプリンの兄弟。

あの時たまたまコンビニで私も見つけたけど、迷ってやめた。

でもおいしそうだったので、私は大好物のゴマを買ってみました。

200609162030000 なんでこうゴマ物に弱いのか・・・^^;

大好きなんですよ~本当に・・・。

で、あのかぼちゃプリンのような滑らかで綺麗な映像を期待して

開封!

『うげげ~~~~~・・・』

200609162031000 (なんじゃこりゃ・・・・汚い・・・・・^^;)

なんかね、底の方に黒ゴマのペースト?まぁいわゆるプリンで言う

カラメルソースみたいなのが表面にまで浮き出ていて

お世辞にもおいしそうとは言えないの図 汗(黒い水滴がこれまたグロい・・)

黒ゴマ系はどーも見た目が炭食べてるみたいに見えちゃって色気がないよね~。

ん~~~・・・・どーでしょう・・・まずくはない。でも期待のトロリ感もない。

でも飛び切りウマくもない。もっとゴマが濃い方がいいな。

カラメル部分の味全部でもいいくらい。

そして最後までビジュアルはまずい^^

| | コメント (2)

呼び名

私には小学生の頃からあだ名があって、今もそのままそれで呼ばれている。

私はこのあだ名に愛着はあるけど、本当は好きではないんです。

このあだ名、名前の方ならまだかわいいんだろうけど、苗字の方なわけ。

メリットとしたら、男の子も照れずに呼べるというのとか、一度聞いたらあまり

忘れる事がないインパクトとでも言いましょうか・・。色気も何もない感じ。

しかも関西独特のあだ名なのですよ・・・。

でも、これきっと私は結婚して苗字が変わっても永遠に呼ばれると思う。

高校卒業した後、東京に行って、初めて名前をチャン付けで呼ばれて

何だか照れくさかった。だって名前をチャン付けで呼ばれるのはせいぜい

近所のオバちゃんか親戚のお兄ちゃんぐらいだったから。

これおもしろいもので、だ~れも私の事を知らない所に行くと、初めに友達に

なった一人が呼び出したニックネームって知らない間にみんなに浸透する。

そしてその輪がドンドン広がり、自分のキャラが出来上がってきたら微妙に

変わって行くんです。相手との関係にもよりけり。

分りやすく言うと

『アヤ吉ちゃん』から始まり、私のどMな性格を知ってしまった友人は『アヤ!』

そしてこのデカイ態度とデカイ身長の見た目でビビッテしまった友人は『アヤ吉さん』

どれでも結局は同じじゃないかっ!と言われそうだけど微妙に呼ばれる方も

甘えられる気になったり、アネゴ肌的気分になったり、可愛い振りや素直な

態度になったりするんです。これって私だけなのかな~?

で、結局何を言いたいのかというと、どSに見えてどM全快の私は『呼び捨て』

が好きなのです。

うちの家族と、親戚のおばさんおじさんなど、全ての身内は私を呼び捨てにする。

親戚のにぃちゃんねぇちゃん(いわゆるいとこ)はチャン付けで呼ぶけど。

だから私は恥ずかしながら家族の前ではたま~に『アヤ吉ね~』とか

『もしもし、アヤ吉だけど・・』と無意識のうちに言ってしまっている事がある。

でも、でもですよ、実際私は家族や親戚の人、いとこにですら誰にも呼び捨ててで

呼べる人がいないわけです。せいぜい姪っ子と甥っ子くらい。

強者には『~ちゃん』弱者には『呼び捨て』

『おとうちゃん』『おかぁちゃん』『おにぃちゃん』←正確に言うとおちぃちゃんは2人なので

ややっこしいから名前にチャンをつける。

というより、うちは男が強く女は3歩下がれ!というような家系なので、もちろん

男の人を呼び捨てにするなど言語道断!!という風に育った。

とにかく男の人は汗水流して働いてお金を稼いで家族を養う偉い人!という家。

なので昔、付き合ってなんて言われて、お互いを何て呼ぶかなんて

くすぐったい話になった時、私は『呼び捨てがいい♪』なんて言っておきながら

『ボクも呼び捨てで呼んで♪』などという注文には答えられなくて喧嘩した事もある。

その後もお友達の間に親しんだあだ名を呼び続け、彼らは不服そうだった。

無理して呼んでみたら恥ずかしくて顔面真っ赤になった・・・・。

これはきっと育った環境なのだ。

男の人の事は尊敬していたいので、『ひろし~』とか『ゆうじ~』とか『ゆたか~』

とか呼んでしまうと対等な気がして申し訳ない。

なので『~ちゃん』や『~さん』と呼んで居たいという尊敬の意なのに

『なんか寂しいな・・・』とか言われてしまう。

確かに、家族以外の人に呼び捨てにされるのは特別感があって私も好き。

だけど、ど~~~~~~しても呼べません。ごめんなさい(TT)

実際、私の親友でダンナを呼び捨てにする子達はたいてい対等の夫婦。

そして鬼嫁^^;(でもちょっとうらやましい気もする)

こんな私って変なんでしょうか(??)

(やっぱりどM)

| | コメント (3)

~と秋の空

随分と朝夕涼しくなりましたね。

ここ何日か明け方寒くて布団にやたらと包まってしまいます。

(こう涼しくなっちゃうと脂肪の燃焼が悪くなっちゃうのでヤダな・・・。食べ物おいしいし。)

ん~~~~~・・・・ところで・・・

『女心と秋の空』なんてよく言います。

女の子の心は秋の空のようにコッロコロ変わりやすいと言う意味だと思いますが

違ったっけ?^^;(←国語苦手なので自信なし)

でも、私からすりゃ~『男心と秋の空』とも言えると最近物思いにふける。

男の人の考えてる事ってホントわっかんない!

昨日までそうかと思えば、今日になるともう違う。でも明日になるとまた違う。

男と女っつ~ものは永遠に分かり合えないものなんでしょうかね~。

それも人によりけりなんでしょうけど・・。

それとも私がただ単に振り回されてるって事なのかしら・・・。ヤダヤダ。

根本的な考え方が男と女じゃ違うからしょうがないのかもな~。

| | コメント (0)

スリスリ

ゴマする人間か?と聞かれたらまったくすりません。

『少しはオベンチャラ言えよ!』と言われる事もしばしば。

お客さんには言うけどね。常に本音トークのアヤ吉であります。

でもこれうま~~~~~~い!

200609061955000 何県だか知らないけど、東北の方の名物らしい。

『ごま摺り団子』

冷凍されてて自然解凍して食べました。

包装を開けてみると

200609061956000 こんな。きゃわゆぅ~~~~~~~い♪

ちっちゃい肉マンのような形。チュンっと、とがってる所が

なんとも愛くるしい。

で、注意書きには、『一口で食べてください。飛び出ます』とか書いてある。

こんな事を書かれたら、一口では食べたくないわけで・・・・。

200609061957000 あ~~~・・・あ。ダラダラ^^

中にはトロントロンのゴマペーストがタップリ。

この後、手がゴマだらけ^^;

ゴマ好きな私にはヒットでした。

最近良くある、『逆みたらし』的な感じです。

| | コメント (4)

めっきり

夏のイベントも終わり、なんだか少し涼しくなってきたご様子。

そろそろ秋ですなぁ~~~。

夏服も安物ばかり何だかんだ買ってみたものの、人目を見ずに来年に繰り越す

物もありそう。長袖着てる人もチラホラ見かけるしな~。

最近はいち早くトレンドを追いかける傾向にあるようで、夏でもブーツ履いてる人

居ますよね。(暑くないの?蒸れないの?じゃーなに?冬にサンダル履くの?)

似合ってればいいか・・・。

仕事上がり、外に出ると最近までまだ日が差していて、なんだか得をした気分に

なっていたのに、もう真っ暗。

この時期になると何故か物悲しくなってくるのは私だけでしょうか?

(ん~・・ウマク言えないけど、寂しいというか、人恋しいとでも言いましょうか。)

ちょっぴりオセンチになる。そんな感じ。

旅行により、少し体重が増えた。本格的な秋が来る前に戻さなければ

大変なことになる!

そんな物思いに耽る今日この頃。

| | コメント (2)

感動で感激

昨日、生まれて2度目の野外イベントに行って来ました!

自分でチケット取れなかったんだけど、急遽ラッキーな事に譲ってもらえたんです。

ありがとぉ~~~~~!!!

え~っと9月2日泉大津で行われたこのイベントは今年で10年目とあって

す~~~~んごい豪華キャストでした。

1時から9時の長丁場でご老体にはキツイかと不安だったんだけどまだまだ

私も若者に引けをとらない強靭な体力を持っているようで、スタンディング席で

押し合いへし合い、なんとか8時間乗り切ったのであります。

結構がんばってステージ近くで見れた。ちゃんと顔も肉眼で見れるし、

すんごい暑くて死にそうだったけど、海風が気持ちよく、夕方は夕日も綺麗だし

天気も良かったのでなにより。

200609021647000 出演者は出演順に

真心ブラザーズ→吉井和哉→ジェイク シマブクロ→レミオロメン

→KREVA→ミスチル→奥田民男→スピッツ(ゲストPUFFY)

となって約、1アーチスト1時間くらい。いや~濃かった!濃すぎ!

もうね、みんな好き。真心はもともとファンだし。ヨーキング初めて見て感動。

吉井君もイエモンと違い爽やかになってて、イエモンの歌も歌ってくれた。

ジェイクのウクレレも凄かったし、レミオは私にはちと若い・・・。

KREVAも可愛いし、曲も好きなので若者に負けず、昔を思いだしてノッテしまう。

そんで・・・ミスチル・・・。泣きました・・・(TT)まじで。

桜井君は爽やかさを増し、夕暮れ時にミスチルなんて、泣く他に何が?^^;

民男~~~~~!!!アコギが何故そんなに似合う!!

おっさんかっこいいぞ~~~!

そして爽やかにスピッツで終了。今の『魔法の言葉』好きだ。

で、これで更に泣く。↓

いつものごとく、感動のあまり手ぶれ・・・。

これ撮ったら、バッテリー切れた。今年初?いや、ここんところ花火見てなかった。

真下で見たので200609022109000_1 怖か200609032016000ったですよ。すごい数上がったし。この夏1番の思い出になった。

来年はこのTシャツ着てまた行けるかなぁ~。

ほんと、色んな人に感謝感謝!!

(来年は一緒に行って観れたらいいな~♪←ボソッ)

しっかし、疲れた。                                                                                                        

| | コメント (3)

アニキ~~~~!!

取り立てて、野球が好きなわけでもなく・・・。そして関西人だからと言って

阪神ファンな訳でもない・・・。

でもまたもや去年に引き続き言って参りました!甲子園球場!

しかも1塁側年間シート(屋根付き)!しかもタダ!!!

200608311737000 前は練習中のあつ~~~~い時間帯から見たんだけど、

シミが怖いので今年は5時に入場。

浜風が気持ち良いですぅ~~~♪(でもなんか雨の匂い・・)

入り口でカンとビンの持込が禁止になってて、紙コップに移し返されたので

しょうがなく、いきなり飲む事に・・。ぬるいビールは中国以来。

せっかくのプレミアムモルツが台無しだった。

200608311742000

トラッキーとラッキー。

トラッキーは動きが機敏で、そんでよく踊る。かわいいなぁ~♪

今日も途中バック転を何度も決めてくれた。(あれ頭よく落ちないよね・・・)

福原がフォアボールを何度も出すのでヒヤヒヤ。というより、ヤジ飛ばす。

お下品にも『引っ込め~~~~~!』とかも言った気がする。やーね。

雨も降ってきた。さすが!でも屋根あったからへっちゃら♪

中日のリードで待ちに待ったこの時。↓

200608312028000 ドキドキなんだな~、この飛ばす瞬間。

なっかなか膨らまない。風船って膨らます時目から空気が

抜けそうになるのは私だけか???

『ろ~~~っこ~~おろ~~しに~~~♪途中省略~フレ~フレッフレッフレ~』

200608312029000  ぴゅ~~~~~~!

なんて綺麗なのかしら~~~~^^

そう思っていると時々風船の中の空気と共に

唾液が振ってくるんですよ・・・。これマジで。

後ろや隣やあらゆる所のねーちゃんやオヤジなどの唾液が・・・・。

なのでこの写真は命がけで撮りました。タオルかぶって^^

結局帰りの電車の事も考え8回2ランホームランと鳥谷のホームランを

見届け、『必ずこのまま逃げろよ!』と念力を送り帰って来た。

危うかったですがなんとか逃げ切ったようです。

よかったよかった。

こういう場が楽しいんだな~。ちなみに金本のアニキはやっぱかっこいいっす!

| | コメント (5)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »